髪を抜くのと生やすのと

眉毛は、私たちの体毛の中でも、生え変わるまでの期間が短くて、伸びる早さが遅く、一度抜けてしまうと生えにくい、という特徴があります。また、眉毛は生える範囲が狭く本数も少ないので、形を整えるために抜いてた毛は、同じ毛穴から生える毛である可能性が高くなります。そして、同じ毛穴から生えてくる毛を「生えてきたら抜く」ということをくり返していると、その毛根はダメージを受けてもう生えなくなってしまうのです。そのため、細眉ブームの頃に眉毛を日常的に抜いていた人は、今になって眉毛がなかなか生えてこなくて悩んでいるのでしょう。
メイクの流行はどんどん変わっていくのと同じように、眉毛の形も流行があります。少し前には、細眉が流行して、多くの女性が眉毛を剃ったり抜いたりして整えていたのに、今では、自然な太眉が流行しています。しかし、以前に、何度も抜いて整えていた人は、流行に合わせて眉毛を再び生やしたい、と思っても、なかなか生えなくて困っている人も多いようです。ここでは、眉毛を生やす方法を紹介していきます。

大切なことは、眉毛を生やす方法を試す前に、なぜ自分の眉毛が薄くなってしまったのか原因を知ることです。まず、眉毛が薄くなる原因で多くの人に当てはまるのが、「眉毛の抜きすぎ」です。「昔、細眉が流行っていたから」「きれいに整えるために」などの理由で、眉毛を抜いたことがあると思います。

また、眉毛を抜きすぎると、生えにくくなるだけでなく、将来、まぶたがたるんでしまう原因にもなります。「もう生えない」「まぶたがたるむ」などと聞くと、「今さら言われても困る」と落ち込んでしまいますよね?でも、薄くなった眉毛も正しいケアを行うことで、まだ発毛を促す方法はあるので安心してください。まずは、眉毛を抜きすぎないように気を付けましょう。スヴェンソンはこちら